法人向け調査サービス
クライシスマネジメント

法人や企業の活動や存続に関わるような重大な危機に対処することを「クライシスマネジメント」と言います。ここでは、その対処方法を流れや必要となり得る調査について具体例を交えて解説いたします。

クライシスマネジメント
とは

発生した危機の管理
クライシスマネジメントとは、日本語に直訳すると「危機管理」のことを言い、法人・企業が予期せぬ危機に直面した際に、効果的かつ効率的な対応を行なうための管理手法です。例えば、自然災害、事故、経済的な問題、評判の損失、法的な問題など、さまざまな形で現れます。リスクマネジメントは事前策と事後策の両方の意味を持ち、クライシスマネジメントはその一部とも言われますが、狭義にはクライシスを発生させないための管理と言えます。

クライシスマネジメントを行なう目的

危機の最小化
クライシスマネジメントは、既存のマニュアルでは対応できない重大な問題に対応するとされており、リスクマネジメントより重大性を帯びています。初期対応にて被害を最小限に留め、二次災害の回避、企業の回復力を高めることを目的としています。

クライシスマネジメントの必要性

危機からより強く立ち直る
企業が緊急事態や予期せぬ出来事を引き起こす可能性のある内部及び外部のさまざまなリスクに直面しているという認識から生じます。これらのリスクは、自然災害、事故、製品の故障、セキュリティ侵害、法的問題、財政不安、公衆衛生上の緊急事態、風評被害などに起因する可能性があります。原因を問わず、危機は混乱を引き起こし、組織の評判を傷つけ、利害関係者の信頼を損ない、さらには経済的損失や法的結果に繋がる可能性があります。企業が予期せぬ出来事を効果的に予測し、準備し、対応し、回復するために危機管理は重要です。損害を最小限に抑え、危機からより強く立ち上がるのに役立ちます。

【必要な主な理由】
・被害の軽減
・評判の保護
・ビジネス継続性の確保
・ステークホルダーの保護
・規制及び法律の遵守
・社会的信頼の維持
・学習と改善

クライシスマネジメントの手法

適応性と柔軟性

下記の重要なステップで構成されます。

準備

潜在的な危機を積極的に特定し、リスクを評価し、包括的な危機管理計画を策定することが含まれます。

検出と評価

企業は危機を①いつ、②誰が、③何を、④どこで、⑤どのように、⑥なぜといった観点で迅速に情報を収集して、その性質、深刻度、潜在的な影響を評価します。

対応と封じ込め

準備段階で行なった危機管理計画に沿って、現状や被害・影響規模の把握、判明している情報や調査中の事柄を関係各所に情報共有する必要があります。これには危機を封じ込めてさらなる拡大を防ぐことが含まれています。

回復と学習

危機が収まった後、回復の取り組みに重点を置く必要があります。これには、被害の評価、業務の復旧、将来の危機防止の対策が含まれます。

 

それぞれの危機には固有の課題があるため、危機管理プロセス全体を通じて適応性と柔軟性を維持することが重要です。また明確定義された危機管理手法を導入することで、企業はより効果的に危機を乗り越え、さまざまな側面への影響を最小限に抑えることが出来ます。

クライシスマネジメントにおける探偵調査

有効性

クライシスマネジメントにおいて、探偵調査は危機や重大事件の背後にある真実を明らかにする上で重要な役割を果たします。 これには、入手可能な証拠、情報、証言を体系的かつ徹底的に調査して、危機の原因、加害者、および要因を特定することが含まれます。 クライシスマネジメントにおける探偵調査の目的は、正確で信頼できる情報を収集し、説明責任を確立し、危機を軽減し、将来の同様の事件を防ぐための効果的な戦略を策定することです。必要となる調査項目の例を下記に記載致します。

不正行為の調査:
企業内部での資金の横領、重要な機密情報の盗難、社員の不正な行動などが該当します。証拠収集、不正行為のルートや関与者の特定を行ないます。

詐欺や不正な取引の調査
財務上の不正行為、横領、または詐欺行為の申し立てに直面した場合、関与した個人を特定し、詐欺の範囲を特定し、法的手続きのための証拠を収集するために必要です。

脅迫やストーカーの対応
企業や従業員への脅迫、ストーカー行為が発生している場合、脅迫者やストーカーの身元や証拠を収集する必要があるため、探偵調査が必要となります。

行方不明者の捜索
従業員が行方不明になった際、居場所特定のための情報収集が必要になります。探偵調査により、目撃情報などの情報収集を行なって居場所を特定することができます。

知的財産権の侵害
自社製品の模倣や特許の侵害など、侵害行為を行なっている個人や企業の特定のために探偵調査が必要となります。

セキュリティに関するインシデント
根本原因を特定し、加湿や不正行為を特定し、将来の同様のインシデントを防止するために探偵調査が必要になります。

コンプライアンス違反
企業が法律または規律違反で告発された場合、通常、証拠を収集し、事実を立証し、責任を判断するために探偵調査が実施されます。これには、契約違反、法律や規制の違反、業界標準への違反の調査が含まれる場合があります。

秘密保持について

調査結果及びに調査過程で知り得た全ての事項並びに個人情報について、正当な理由がある場合若しくは個人情報保護法及びその他法令等に基づく正当な開示請求である場合を除き、秘密の漏洩及び目的外使用をしない事を確約しております。

お問い合わせ

ご相談は、プライバシー 秘密事項厳守で承ります。