業界別利用事例
建設・建築業界

建設・建築業界において発生する問題と探偵調査を利用した対応策をご説明します。

 

FAM Investigationでは、さまざまな業界のお客様に対して業界別の調査サービスを提供しております。

探偵調査は、さまざまな問題や状況において貴重な情報を収集し、解決に向けた手助けをする有益な手段です。

以下に、建設・建築業界において発生することの多い問題と業界別調査の利用事例をご紹介いたします。

 

建設・建築業界に該当する業種

その他電気設備工事,ゼネコン,建設資材,金属系建材,解体工事,その他建設・工事,建築設計,店舗デザイン,塗装工事・外装・エクステリア工事,電気設備工事,内装工事・床工事・フローリング工事,商業デザイン,インテリアデザイン,土木工事,通信設備工事,建具(仕切り),住宅設備,空調設備工事,住宅・事業所向け設備,その他土木工事,プラント設計,木材系建材,太陽光発電,地質調査,仮設資材レンタル・リース,店舗・商業施設,インテリアコーディネーター,配管工事・給排水設備工事・通信設備工事・ガス工事,建築塗装,建築構造設計,修繕工事,駐車場・駐輪場開発,非破壊検査,住宅建築・開発,ビル・商業施設建設,注文型住宅建築,耐震工事・地盤改良工事,耐震診断,太陽光パネル,交通関連土木工事,プラント設備工事,建築意匠設計,造園,建物設備・工場設備,測量設計,造園工事,土木設計,窯業系建材・石材,大型商業施設・公共施設建設,商業施設企画・設計,樹脂系建材,燃料タンク工事,衛生設備工事,屋上緑化,分譲型住宅建築,製図

建設・建築業界で発生することの多い7つの問題

建設・建築業界で発生することの多い問題には以下のようなものがあります。

■ 従業員による不正行為

従業員による不正行為とは、組織内の従業員が、法律や契約に反する形で企業の利益を損ない、自身の利益のために行なう行為を指します。

■ 競合他社の情報収集

競合他社の動向やプロジェクトの内容を把握できていれば、企業として明確な対策や目標を打ち立てることが可能となります。
逆に他社リサーチができていなければ、的外れな企業方針となってしまう危険もあります。

■ サイトセキュリティの脆弱性

企業のサイトやホームページのセキュリティに脆弱性がある場合、大きな問題となってしまう可能性があります。ハッキングやサイバー攻撃が代表的な例です。

■ 従業員の身辺調査

企業で働く従業員が身分を偽っているケースは少なくありません。悪意を持って本来の身分を隠しているのであれば、企業にも悪影響が及ぶ可能性があります。

■ 従業員の失踪

建設プロジェクトにはさまざまな人が関与しますので、突然誰かがいなくなったり、連絡が通じなくなってしまうと、プロジェクト全体や企業の経営にも影響を及ぼすことがあります。

■ 競合他社の不正競争

競合他社による不正競争とは、競合関係にある企業が不正な手段を用いて競争を妨害し、自社の利益を追求する行為を指します。

■ 建築業者やサブコントラクターとの信頼関係

建築業者やサブコントラクターとの信頼関係はプロジェクトの成功にとって重要な要素となります。逆に相手が信用できない場合は、業務への悪影響を考慮する必要があります。

建設・建築業界からの業界別調査の利用事例

事例1- 従業員による不正行為

従業員による不正行為は、組織やプロジェクトに深刻な影響を与える可能性があります。

探偵調査を活用することで、不正行為の早期発見に貢献でき、法的措置のための証拠の確保も可能です。

【具体的な従業員による不正行為事例】

  • 資金の着服
  • 在庫の横流し
  • 機密情報の漏洩
  • 資材、機材の盗難
  • 労働時間の不正操作

事例2- 競合他社の情報収集

競合他社の情報を把握しておくことは、業界での競争に有効に働く場合があります。

探偵調査は、競合他社の情報収集や調査活動を通じて、企業のさらなる発展や業績の改善に貢献する役割を果たすことが期待されます。

【具体的な競合他社の情報収集事例】

  • 技術面の応用
  • 人材情報の調査
  • プロジェクト情報の収集
  • 顧客層やマーケティング戦略の分析

事例3- サイトセキュリティの脆弱性

サイトセキュリティの脆弱性は外部からのサイバー攻撃を誘発し、それらは企業に対して深刻なダメージを与えます。

探偵調査を活用することで、発生したサイバー攻撃の原因究明に努め、場合によっては犯人を特定して法的措置のサポートを行ないます。

【具体的なサイトセキュリティの脆弱性事例】

  • サイトサーバーへの攻撃
  • 不正アクセスによる個人情報の漏洩
  • マルウェアによるサイトの乗っ取り
  • ハッキングを使ったデータの書き換え

事例4- 従業員の身辺調査

従業員の行動や過去の経歴に関して、探偵調査は有用な手段となることがあります。

従業員に対して疑惑が生じてしまった場合は、探偵は密かに調査を行ない、生じた疑いへのアンサーを見つけ出します。

【具体的な従業員の身辺調査事例】

  • 前科や犯罪歴の有無
  • リストラ対象者の確認
  • 従業員の勤務態度調査
  • 反社会的勢力との繋がり
  • 従業員の経歴、学歴の整合性

事例5- 従業員の失踪

従業員の失踪は業務の継続性や安全性、人材管理に大きな影響を与えてしまう恐れがあります。

突発的に起こってしまうことが大半ですので、早期解決を望む場合は人探しの専門家である探偵調査の活用が有効的です。

【具体的な従業員の失踪事例】

  • 従業員の突然の失踪
  • 現場監督が消息不明に
  • 責任者の告知なしの退職
  • 事故による一時離脱の後の音信不通

事例6- 競合他社の不正競争

競合他社による不正競争は企業にさまざまな影響をもたらします。

他社の不正によって不利益を感じた場合には、探偵調査を使った事実確認や証拠収集が有効となります。場合によっては法的措置のサポートもしています。

【具体的な従業員による不正行為事例】

  • 談合や贈賄
  • 虚偽の広告、宣伝
  • 企業機密の不正入手
  • 顧客との悪質な契約締結
  • 自社の製品やサービスを模倣

事例7- 建築業者やサブコントラクターとの信頼関係

建設・建築業界において、業者やサブコントラクターとの信頼関係は最も重視する点のひとつです。

信頼できるパートナーが獲得できれば、業務の効率化や安定化に繋がります。

探偵調査は、表面化されていない評価を調査し、信頼に足る相手かどうかを調べます。

【具体的な建築業者やサブコントラクターとの信頼関係事例】

  • 品質管理と信頼関係
  • 正しい業務実績や成績の調査
  • 建築業者との契約や取引における信頼関係
  • 建築プロジェクトにおけるサブコントラクターの選定

建設・建築業界で探偵調査が有効となる理由

建設・建築業界では探偵調査が有効な手段となります。

不正行為の防止、競争力の維持、品質管理と安全確保、不正競争行為の防止等、さまざまな事例において貢献し、業界の信頼性と安定性を高めることができます。

無用なトラブルリスクや、問題の拡大を防ぐために迅速な解決を目指します。

建設・建築業界での問題解決までの解決手順

建設・建築業界における問題解決は以下のとおりです。ただし、具体的な問題や状況によって手順やアプローチは異なる場合があります。

① 問題の特定と分析:

最初に、問題を明確に特定し、その原因や背景を分析します。問題が具体的に何であり、どのような影響を及ぼしているのかを把握することが重要です。

② 目標の設定:

問題解決のために達成すべき目標を明確に設定します。目標は具体的で測定可能なものであり、解決策の方向性を示すものとなります。

③ 解決策の検討:

問題解決に向けて複数の解決策を検討します。各解決策の利点と欠点を比較し、実行可能性や効果を評価します。

④ 解決策の実施

最適な解決策を選択し、実施に移ります。必要な手続きや作業を計画し、関係者との協力を確保しながら解決策を実行します。

⑤ モニタリングと評価:

解決策の実施後は、その効果をモニタリングし評価します。目標の達成度や問題の改善度を定量的・定性的に評価し、必要に応じて調整や追加の対策を行ないます。

⑥ 問題の予防策の検討:

問題が再発しないようにするために、予防策を検討します。過去の問題を分析し、類似の問題が発生しないようにするための対策や改善点を洗い出します。

⑦ 結果の報告とフィードバック:

最後に、問題解決の結果を関係者に報告し、フィードバックを受け取ります。解決策の有効性や改善点について意見を共有し、次回の問題解決に生かすことが重要です。

探偵調査を利用するメリットとデメリット

探偵調査を利用する際は、重要なメリットがある一方でデメリットも存在することに留意する必要があります。

メリットとデメリットをバランス良く考慮し、探偵に調査を依頼するか慎重に判断しましょう。

【探偵を利用するメリット】

  • 高い機密性
  • 専門的な知識とスキル
  • 客観的な視点と中立性
  • 法的手続きの支援
  • 不正行為の発見と防止

【探偵を利用するデメリット】

  • 費用の発生
  • 法律による調査可能依頼の制限
  • 案件次第で調査期間が長引く可能性

ご相談とご依頼までの流れ

お問い合わせ

ご相談は、プライバシー 秘密事項厳守で承ります。