業界別利用事例
探偵業界

探偵業界において発生する問題と探偵調査を利用した対応策をご説明します。

 

FAM Investigationでは、さまざまな業界のお客様に対して業界別の調査サービスを提供しております。探偵調査は、さまざまな問題や状況において貴重な情報を収集し、解決に向けた手助けをする有益な手段です。以下に、探偵業界において発生することの多い問題と業界別調査の利用事例をご紹介いたします。

 

探偵業界に該当する業種

探偵業

探偵業界で発生することの多い7つの問題

探偵業界で発生することの多い問題には以下のようなものがあります。

■従業員の失踪・行方不明
従業員の失踪や行方不明という状況は、非常に深刻で心配な問題です。失踪した従業員の安全と福祉を最優先に考えながら、速やかに行動することが重要です。

■調査員の違法行為
調査員が法律に抵触するような手法で調査をしていた場合、その責任は企業が背負うことになります。損害は計り知れないため、事前の予防策は必須です。

■企業内部の不正な行ない
企業内部での不正な行為は企業の経済的打撃はもちろん、世間からのイメージダウンに繋がる可能性もあります。

■サイバー攻撃による被害
サイバー攻撃による被害は、デジタル化した現代において深刻な問題となっています。探偵業界であっても例外ではなく、サイバー攻撃には常に備えが必要です。

■競合他社の不正競争
競合他社の不正競争を放置することは、企業の経済的な損失や評判に大きな影響を与える可能性があるので、早急な対応が求められます。

■従業員、調査員の信用調査
従業員、調査員の信用調査は、企業が採用する前に候補者の信用情報や背景情報を評価する手段のひとつです。問題がある人物を入社させないようにする予防策になります。

■人手不足による機会損失
人手不足は、探偵業界において深刻な課題となっています。自社に舞い込んだ依頼に対し人手が足りていなければ、せっかくの依頼機会を損失してしまうことになります。

探偵業界からの業界別調査の利用事例

事例1- 従業員の失踪・行方不明

従業員の失踪の理由は多岐にわたります。一部のケースでは、個人的な問題や家庭の事情、精神的な負担、経済的な困難などが原因となっている場合があります。また、不正行為のへの関与も考えられるため、迅速な対応が求められます。自社で失踪した従業員の捜索が困難な場合には他社の探偵への調査依頼が有効です。

【具体的な従業員の失踪・行方不明事例】

  • 調査中の行方不明
  • 内勤スタッフの急な辞職
  • 不正行為発覚による逃走
  • 長期休暇明けの音信不通

事例2- 調査員の違法行為

調査員は、法律と倫理に基づいた活動が求められます。法的な制約やプライバシーの保護に関する法律を遵守し、適切な手法を使用して調査を行なう必要があります。調査員の違法行為は探偵業界全体に悪影響を及ぼすだけでなく、信頼性を損ないます。自社調査員にそういった行為の疑いがある場合には、探偵調査により、調査員の動向を調べる必要があります。

【具体的な調査員の違法行為事例】

  • 違法な追跡やストーキング
  • 不正アクセスやハッキング
  • 偽情報の提供や情報の改ざん
  • 過度に不安を煽った依頼締結
  • プライバシー保護を無視した盗聴や盗撮

事例3- 企業内部の不正な行ない

企業内部の不正な行ないは、企業に対して経済的な損失や法的なリスクをもたらすだけでなく、組織の信頼性や従業員のモラルにも影響を与えます。早期発見と適切な対応が必要となるので、探偵による調査を活用することで密かに事実の確認を行ない、状況に応じて証拠の収集を実施します。

【具体的な企業内部の不正な行ない事例】

  • 賄賂や贈収賄
  • 虚偽の情報提供
  • 情報の盗難や漏洩
  • 資金の横領や不正経理
  • 企業の機材や備品の窃盗

事例4- サイバー攻撃による被害

サイバー攻撃は、個人情報の漏洩、金銭的な被害、業務の中断、企業の評判の損失など、多くの深刻な影響をもたらす可能性があります。場合によって企業としての機能不全に陥る危険性があるため、万が一発生した際には最優先で解決する必要があります。自社での解決が困難な場合は、外部の探偵に依頼し、原因の究明と攻撃者の特定などが有効です。

【具体的なサイバー攻撃による被害事例】

  • マルウェア攻撃
  • フィッシング詐欺
  • サーバーへの過負荷
  • ソーシャルエンジニアリング
  • ハッキングによるデータ流出、改ざん

事例5- 競合他社の不正競争

不正競争行為は、公正な競争原則に反し、企業や消費者に多くの悪影響をもたらす可能性があります。法的な規制や競争法の遵守、倫理的な行動規範の確立、公正な競争のための啓発活動などが重要な取り組みです。適切な対処のために、外部の探偵が証拠収集に貢献します。

【具体的な競合他社の不正競争事例】

  • 偽計業務妨害
  • 競業避止義務違反
  • 価格破壊や不正な価格設定
  • 自社の取引先や顧客への妨害行為
  • ネットでのネガティブキャンペーン

事例6- 従業員、調査員の信用調査

従業員、調査員の信用調査は、探偵業界において特に重要です。探偵業務では機密情報の取り扱いや調査の信頼性が求められるため、調査員の信用性や専門性を確認することが必要です。過去に問題がある人物や、意図的に身分を隠して入社している人物がいる場合、企業に対して悪影響が及ぶ可能性があるので、外部探偵による調査が効果的です。

【具体的な従業員、調査員の信用調査事例】

  • 学歴や資格の検証
  • 犯罪歴のチェック
  • スパイ行為の有無
  • 職務経歴書の整合性
  • 信用履歴や借入状況調査

事例7- 人手不足による機会損失

探偵業界における人手不足は、受注案件の制限、調査品質の低下、競争力の低下、信頼と評判の損失などの機会損失を引き起こす可能性があります。探偵は、この課題に対して適切な対策や労働力の確保に取り組むことが重要です。人手が足りない状態にも関わらず調査依頼が立て続いた場合には、外部探偵への依頼をすることで、高い調査品質を維持しつつ、円滑な依頼解決に貢献します。

【具体的な人手不足による機会損失事例】

  • 競争力の低下
  • 受注案件の制限
  • 調査品質の低下
  • 信頼と評判の損失
  • 顧客獲得の機会の逸失

探偵業界で探偵調査が有効となる理由

探偵は調査の際、法的、倫理的な観点からの制限を受けます。そのため調査することができない事例が存在します。依頼人に特別な事情があった場合も同様になります。ですので、そういった制限下でも最適な手段で調査を行なうには外部の探偵利用が有効となります。

探偵業界での問題解決までの解決手順

探偵業界における問題解決は以下のとおりです。ただし、具体的な問題や状況によって手順やアプローチは異なる場合があります。

① 目標の設定:

まず、探偵業界で直面している問題を明確に特定し、その原因や背景を分析します。問題の本質や影響を理解するために、関係者やステークホルダーとの意見交換や情報収集を行いましょう。

② チームの結集と情報収集:

問題解決の目標を設定します。これには、望ましい状態や改善すべき点を明確にし、具体的な目標を定めることが含まれます。例えば、調査品質の向上、人手不足の解消、業務効率の向上などが目標となるかもしれません。

③ 解決策の検討:

問題解決のための可能な解決策を検討します。関係者や専門家との協力や意見交換を通じて、さまざまなアイデアやアプローチを収集しましょう。これには、業務プロセスの見直し、人材の確保や育成、技術の導入などが含まれるかもしれません。

④ 解決策の実施

検討した解決策の中から最適なものを選択し、実施に移ります。計画を立て、リソースやタイムラインを確保し、具体的なアクションを実行します。適切なコミュニケーションやプロジェクト管理を行いながら、解決策を実施していきます。

⑤ 結果の評価と改善:

解決策の実施後、その効果や結果を評価しましょう。目標達成度や問題解決の効果を測定し、必要に応じて修正や改善策を導入します。継続的な評価と改善サイクルを行なうことで、問題解決の効果を最大化できます。

探偵調査を利用するメリットとデメリット

探偵調査の利用には、機械関連サービス業界においてもメリットとデメリットが存在します。具体的な事案や調査の目的に応じて、以下の要素を考慮して判断する必要があります。

【探偵を利用するメリット】

  • 確かな証拠の入手
  • 時間と労力の節約
  • 非公開性と秘密保持
  • 豊富な専門知識と経験

【探偵を利用するデメリット】

  • 費用の負担が必要
  • 法的制約による調査の限界
  • 依頼内容によっては調査期間が長引く

ご相談とご依頼までの流れ

お問い合わせ

ご相談は、プライバシー 秘密事項厳守で承ります。