業界別利用事例
飲食業界

飲食業界において発生する問題と探偵調査を利用した対応策をご説明します。

FAM Investigationでは、さまざまな業界のお客様に対して業界別の調査サービスを提供しております。探偵調査は、さまざまな問題や状況において貴重な情報を収集し、解決に向けた手助けをする有益な手段です。以下に、飲食業界において発生することの多い問題と業界別調査の利用事例をご紹介いたします。

 

飲食業界に該当する業種

給食,和食,飲食宅配・弁当仕出し,居酒屋,カフェ・喫茶店,洋食・レストラン,お菓子・スイーツ,ケータリング,焼肉,その他外食,中華料理・ラーメン,寿司,ファーストフード,給食調理,配食,中食,そば・うどん

飲食業界で発生することの多い7つの問題

飲食業界で発生することの多い問題には以下のようなものがあります。

■従業員の失踪
従業員の突然の失踪により、場合によっては業務に支障が出る可能性があります。いなくなった人物次第では経営そのものが成り立たなくなるケースも存在します。

■従業員の不正行為
従業員の不正行為は、経営状況に打撃を与えます。経営者は従業員の行動を監視し、適切な管理や教育を行うことで、不正行為の予防や早期発見に努める必要があります。

■従業員間のトラブル
従業員同士であっても、考えの違いや目的の相違があった場合はトラブルに発展してしまうことがあります。それを放置してしまうと、集団退職や失踪などに繋がる危険性があります。

■従業員の身元確認
従業員の身元確認は企業の信頼性や安全性を確保するために欠かせないプロセスです。身元がわからない人物や虚偽の情報を提出している人物を放置すると、さらなる問題に発展するケースも確認できています。

■競合他社からの業務妨害
飲食業界では激しい競争があり、競合他社からの業務妨害や情報の盗用が起こることがあります。業務や経営に大きな影響を与える可能性が高いため、早急な対応が必要です。

■顧客トラブル
飲食業界では、顧客とのトラブルが発生することがあります。食品の品質や衛生問題、サービスの不満などさまざまな原因が考えられるため、それらの理由を逐次調べ、対処を行なわなければなりません。

■食品偽造の調査
商品の偽造や模倣品が出回ってしまうと問題になることがあります。企業の信頼や評判と密接に関係する部分ですので、厳格にチェックしなければなりません。

飲食業界からの業界別調査の利用事例

事例1- 従業員の失踪

飲食業界において人材管理や業務運営に大きな影響を与える問題です。失踪した従業員が中核メンバーだったり、重要な役割を成す人物であれば、会社全体が混乱してしまうかもしれません。また、従業員の退職や失踪の背景にはさまざまな要因が考えられるので、組織や管理側がこれらの問題に対処する必要があります。

【具体的な従業員の失踪事例】

  • 出勤せずに音信不通
  • 従業員が突然姿を消す
  • チームリーダーの失踪
  • 従業員が失踪し、が連絡先もわからない

事例2- 従業員の不正行為

従業員の不正行為は企業にとって大きな損失や信頼の失墜をもたらす可能性があります。放置することでさらに増長してしまうかもしれません。そういったときに探偵調査を利用することで、密かに不正行為の証拠を掴み、対処を執行できます。

【具体的に従業員の不正行為事例】

  • レジの横領
  • 食材の盗難
  • 売り上げの隠ぺい
  • 顧客情報の漏洩
  • 勤務時間の不正操作

事例3- 従業員間のトラブル

従業員間のトラブルは労働環境やチームの連携に悪影響を及ぼす可能性があります。問題解決には適切なコミュニケーションが必要です。ただし、正確な情報を収集しなければならないため、そういったときに探偵調査が有用となります。

【具体的な従業員間のトラブル】

  • 個人間の対立
  • 権限や役割の重複
  • いじめや嫌がらせ
  • 仕事の負担分担の不公平
  • パワーハラスメント被害
  • コミュニケーションの欠如

事例4- 従業員の身元確認

企業は従業員の身元や経歴を正確に把握することで、信頼性や適格性を評価し、組織内の安全や効率性を確保することが重要です。場合によっては経歴を詐称していたり、他人になりすましている可能性があるため、適切な対処をしなければなりません。

【具体的な身元確認事例】

  • 経歴が履歴書と違う
  • 出身国がわからない
  • 身分証が偽造されている
  • 顔写真と顔が一致しない
  • 他人の職務経歴書を使っている

事例5- 競合他社からの業務妨害

飲食業界は競争率が激しく、競合他社から多種多様な業務妨害を受けることがあります。企業は自社の利益や従業員を守るために、適切な対策や法的手段を講じる必要に迫られます。そういった際、探偵を使った調査で妨害の事実確認や証拠が掴めていれば、有利な形で法的措置を行なえます。

【具体的な競合他社からの業務妨害事例】

  • 商品の模倣
  • 虚偽の情報拡散
  • ステルスマーケティング
  • 偽のレビューや評価の投稿
  • 従業員のヘッドハンティング

事例6- 顧客トラブル

顧客トラブルは多岐に渡ります。場合によっては苦情や業績の低下に発展してしまう可能性もあるため慎重に対処する必要があります。探偵の調査を行なうことで、企業目線では明確にならなかった顧客のニーズや要求の把握に役立ちます。

【具体的な顧客トラブル事例】

  • 支払いトラブル
  • 顧客情報の漏洩
  • 商品の誤表示や誤解
  • 不満やクレームの発生
  • 予約やキャンセルの問題

事例7- 食品偽造の調査

取り扱っている食材に食品偽造の疑いがある場合、調査は幅広い領域にわたる可能性があります。その場合長期的かつ大規模な調査となるため、専門的に調査ができる探偵への依頼が効果的です。

【具体的な食品偽造の調査】

  • 産地偽装
  • 食品ラベルの偽造
  • 偽ブランド食品の販売
  • 食品の賞味期限の改ざん
  • 食材の混入や摂取量の不正

飲食業界で探偵調査が有効となる理由

多くの人が従事する飲食業界では、人間間でのトラブルは絶えません。従業員の失踪や意見の食い違い、昨今大きな問題となっているいじめなど種類もさまざまです。これらの小さなほころびがやがて大きなトラブルとなり、企業の経営に影響してくることも考えられます。
そんなとき、探偵調査を活用すれば、問題が表面化する前の防止や、今後の対策に役立たせることが可能となります。

飲食業界での問題解決までの解決手順

飲食業界における問題解決は以下のとおりです。ただし、具体的な問題や状況によって手順やアプローチは異なる場合があります。

① 問題の特定と分析:

まず、具体的な問題を明確に特定し、その原因や背景を分析します。例えば、顧客からのクレームや従業員の不正行為など、具体的な事例やデータを基に問題を把握します。

② 目標設定:

問題を解決するための具体的な目標を設定します。例えば、品質改善や従業員の教育・トレーニング強化など、具体的な改善項目を明確にします。

③ 解決策の検討:

問題解決のための適切な手段や方法を検討します。ここで、探偵調査が有効であると判断されれば、探偵事務所との契約や調査計画の立案を行ないます。

④ 探偵調査の実施

探偵調査の実施には、探偵事務所との連携や調査範囲や期間の設定が必要です。具体的な調査手法や技術を活用し、証拠の収集や情報の解明を行ないます。

⑤ 解決策の実施と改善:

探偵調査に基づいた解決策を実施し、問題の解決を図ります。不正行為を行っていた従業員の処分やセキュリティ対策の強化など、適切な措置を講じます。

⑥ 監視と評価:

解決策の実施後も状況を監視し、効果や効果の持続性を評価します。定期的な監査や評価を通じて、問題が再発しないような対策を継続的に改善していきます。

⑦ コミュニケーションと関係者の協力:

問題解決には、関係者との適切なコミュニケーションと協力が重要です。顧客や従業員とのコミュニケーションを密にし、問題解決に向けた意見やフィードバックを提案します。

探偵調査を利用するメリットとデメリット

探偵利用の際にはメリットとデメリットを十分に把握しておく必要があります。探偵に調査を依頼する場合は事前ご確認いただき、メリットとデメリットの釣り合いについて理解を深めましょう。

【探偵を利用するメリット】

  • 不正行為の早期発見
  • 業界の評判チェックと信頼の保護
  • 証拠の収集と法的手続きのサポート
  • 発生した問題やトラブルの迅速な解決

【探偵を利用するデメリット】

  • 調査費用を負担しなければならない
  • 法的な制約により調査できない事項がある
  • 依頼内容によっては調査期間が長くなる場合がある

ご相談とご依頼までの流れ

お問い合わせ

ご相談は、プライバシー 秘密事項厳守で承ります。