業界別利用事例
医療・福祉業界

医療・福祉業界において発生する問題と探偵調査を利用した対応策についてご説明します。

 

FAM Investigationでは、さまざまな業界のお客様に対して業界別の調査サービスを提供しております。

探偵調査は、さまざまな問題や状況において貴重な情報を収集し、解決に向けた手助けをする有益な手段です。

以下に、医療・福祉業界において発生することの多い問題と業界別調査の利用事例をご紹介いたします。

 

医療・福祉業界に該当する業種

調査・検査・研究,医療機器・器具メーカー,介護,訪問看護,施設介護サービス,調剤薬局,在宅介護サービス,介護・福祉用品,医薬品メーカー,家庭用医療機器・介護用品,病院・療養所,児童福祉,保険組合,臨床検査・臨床試験,介護用品メーカー,障害者福祉,メンタルヘルスケア・産業医,人間ドック,その他医療・福祉

医療・福祉業界で発生することの多い7つの問題

医療・福祉業界で発生することの多い問題には以下のようなものがあります。

■ 患者や従業員の失踪・行方不明

入院中の患者、もしくは企業で働く従業員が不意に失踪・行方不明になってしまうことがあります。場合によっては業務に支障をきたしたり、企業の信用問題に発展してしまいます。

■ 内部による不正行為

従業員や関係者など、企業内部の人間によって不正行為が行なわれることがあります。企業や組織に損害を与えるだけではなく、信頼性に悪影響が及ぶ可能性もあります。

■ 評判・反響のリサーチ

顧客からの意見は企業経営にとって重要な要素です。経営の指針となることもありますが、正確に評判や反響をリサーチできていないケースも多々存在します。

■ 嫌がらせや妨害工作

特定の個人や組織から悪意を持って嫌がらせや経営に対する妨害工作を受ける可能性があります。

■ 競合他社の不正競争

競合他社の不正競争とは、競合する企業が不正な手段を使って他社を妨害し、競争を不公平な状況に導く行為を指します。

■ 紛争や訴訟

個人や組織に対して法的措置を取る場合には証拠となる情報が必要になります。しかし証拠を集めきれない場合は訴訟を起こしても不利になってしまいます。

■ 従業員の信用調査

従業員が身分を隠して就職していたり、過去に不正や犯罪歴がある場合があります。そういった人物の存在は企業に悪影響を与えてしまう可能性があります。

医療・福祉業界からの業界別調査の利用事例

事例1- 患者や従業員の失踪・行方不明

失踪や行方不明は、患者や従業員、その家族にとって深刻な問題となります。

業界では、これらの事案に対処するための予防策や対応策を継続的に検討し、安全性とセキュリティの向上に努める必要があります。

また、実際に発生した場合は捜索や安全確認を実施し、事態の改善を図ります。

【具体的な患者や従業員の失踪・行方不明事例】

  • 入院患者の失踪
  • 責任者の急な辞職
  • 従業員との音信不通
  • 機密情報を持ったまま雲隠れ

事例2- 内部による不正行為

内部による不正行為は企業の信頼性や経済的な損失に大きな影響を与える可能性があります。

企業は内部統制や監査の強化、倫理的なガイドラインの普及、従業員教育などを通じて不正行為の予防と対策を行う必要があります。

万が一不正行為が確認できた場合は、探偵調査が証拠の確保や悪化する前の予防に貢献します。

【具体的な内部による不正行為事例】

  • 資金の横領
  • 機密情報の漏洩
  • 不正な会計処理
  • タイムカードの操作

事例3- 評判・反響のリサーチ

評価や反響のリサーチは、企業や製品、サービスなどの評判や顧客の意見を把握するために行われる活動です。

探偵は調査を通じて顧客のニーズや要望を理解し、改善や戦略の見直しに役立つ情報を提供することが可能です。

【具体的な評判・反響のリサーチ事例】

  • アンケート調査
  • マーケットリサーチ
  • ソーシャルメディア分析
  • インタビューやフォーカスグループ

事例4- 嫌がらせや妨害工作

嫌がらせや妨害工作は法的な問題となる場合があり、社会的な信頼を損なうことがあります。

被害者はこれらの行為に対処するために、適切な対策を講じる必要があります。

これには、証拠の収集や法的な手続きの遂行、セキュリティ対策の強化などが含まれます。

【具体的な嫌がらせや妨害工作事例】

  • 騒音被害
  • 無言電話
  • 悪質なクレーム
  • 廃棄物の不法投棄
  • 従業員へのストーカー行為

事例5- 競合他社の不正競争

競合他社の不正競争は市場の健全な競争環境を損ない、企業の業績や信頼性に悪影響を与える可能性があります。

企業は法的手段や競争政策を活用して不正競争に対抗する必要があります。

また、不正競争の疑いがある場合は探偵調査による事実確認や証拠の収集が有効に働きます。

【具体的な競合他社の不正競争事例】

  • 商標侵害
  • スパイ行為
  • サイバー攻撃
  • 虚偽情報の流布
  • 低価格による市場破壊

事例6- 紛争や訴訟

紛争や訴訟の提起は、当事者の権利や利益を守る手段として活用される一方で、時間や費用がかかる場合があり、対立を激化させるリスクも伴います。

探偵調査を活用することで訴訟に関わる手間を軽減し、スムーズな解決に貢献します。

【具体的な紛争や訴訟事例】

  • 契約違反
  • 違法行為への起訴
  • 知的財産権の侵害
  • 不正行為に対する補填

事例7- 従業員の信用調査

採用前や昇進時など、スタッフの経歴や信用情報を確認する必要がある場合、探偵はバックグラウンドチェックや調査を行ない、情報の正確性と信頼性を確保します。

【具体的な従業員の信用調査事例】

  • 犯罪歴の有無
  • 経歴の真偽確認
  • 信用調査機関の利用履歴
  • 応募者のバックグラウンドチェック

医療・福祉業界で探偵調査が有効となる理由

探偵は調査や監視に関する専門的な知識と経験を持っています。

また“探偵業法”と呼ばれる特別なライセンスを有しているため、一般の方ではできないような調査でも合法的に行なうことが可能です。

特定の人物から企業に至るまで、さまざまな情報を調べ上げ、ときには証拠の確保にも動くため、医療・福祉業界においてもその調査力は大きく寄与します。

医療・福祉業界での問題解決までの解決手順

医療・福祉業界における問題解決は以下のとおりです。

ただし、具体的な問題や状況によって手順やアプローチは異なる場合があります。

① 問題の特定と分析:

問題を明確に特定し、その背後にある要因や原因を分析します。問題の本質を理解することで、適切な解決策を見つける基盤を築きます。

② 目標の設定:

問題解決のために具体的な目標を設定します。目標は具体的、測定可能、達成可能、リアリスティック、タイムリー(SMART)なものであることが望ましいです。

③ 解決策の検討と選択:

問題解決に向けて複数の解決策を検討し、利点やデメリットを比較検討します。選択肢を評価し、最も効果的かつ実行可能な解決策を選びます。

④ 実行計画の策定:

選択された解決策を具体的な実行計画に落とし込みます。必要なリソースやスケジュール、担当者の役割などを明確化し、実行に移すための準備を整えます。

⑤ 実施とモニタリング:

実行計画に基づき、解決策を実施します。進捗や成果を定期的にモニタリングし、必要に応じて調整や修正を行います。問題解決の進捗状況を確認しながら、目標に向けて着実に進めていきます。

⑥ 評価と改善:

解決策の効果を評価し、必要な改善策を導入します。
フィードバックやデータの分析を通じて、問題解決プロセスや結果を振り返り、次回に活かすための学びを得ます。

探偵調査を利用するメリットとデメリット

探偵を利用する際のメリットとデメリットについてご紹介いたします。

探偵の利用を検討される方は、以下の要素を考慮し、メリットとデメリットのバランスを理解した上で適切な判断を行なってください。

【探偵を利用するメリット】

  • 高度な調査能力
  • 中立性と信頼性
  • 豊富な知識と経験
  • 時間と労力の節約

【探偵を利用するデメリット】

  • 発生する費用の負担
  • 内容によっては調査が長引く
  • 違法性・差別的な調査は不可

ご相談とご依頼までの流れ

お問い合わせ

ご相談は、プライバシー 秘密事項厳守で承ります。