業界別利用事例
不動産業界

不動産業界において発生する問題と探偵調査を利用した対応策

 

FAM Investigationでは、さまざまな業界のお客様に対して業界別の調査サービスを提供しております。探偵調査は、さまざまな問題や状況において貴重な情報を収集し、解決に向けた手助けをする有益な手段です。以下に、不動産業界において発生することの多い問題と業界別調査の利用事例をご紹介いたします。

 

不動産業界に該当する業種

不動産売買・仲介,不動産賃貸・仲介,その他不動産,マンション・ビル管理,ビルメンテナンス,レンタルスペース,総合不動産(デベロッパー),不動産鑑定,不動産管理,リフォーム,土地売買,マンション開発,駐車場,不動産サブリース

不動産業界で発生することの多い7つの問題

不動産業界で発生することの多い問題には以下のようなものがあります。

■従業員の失踪
従業員が突然失踪してしまったり、行方不明になってしまうケースがあります。いなくなった従業員が中心人物であった場合は業務に支障をきたす可能性があります。

■契約違反
契約内容の不履行や約束事の違反が起こることがあります。賃借人や買主の契約条件の不履行や遅延、支払いの滞納などが一般的な問題です。

■契約者間・隣人間のトラブル
隣人間のトラブルや所有者間の紛争、修繕や改築に関する意見の不一致など、不動産に関わるさまざまなトラブルが発生します。

■債権回収や財産の捜索
契約者が責務を履行しない場合は契約者に対して法的手続きを踏まなくても債権回収が可能となりますが、契約者が意図的に財産を隠している場合、回収が困難となります。

■従業員の不正行為
従業員による不正行為が発生することで、企業に対しての経済的なダメージを与えると共に、企業としての世間からのイメージダウンにも繋がる恐れがあります。

■競合他社の情報収集
競合他社からの情報収集は、企業競争の激化に伴い重要となりつつあります。自社の市場シェアを確保し、競争力を高めるために欠かせない活動のひとつです。

■盗難や窃盗
盗難や窃盗は、不動産業界において深刻な問題となっています。貴重な資産や機材が関与する現場では、盗難のリスクが常に存在します。

不動産業界からの業界別調査の利用事例

事例1- 従業員の失踪

従業員の失踪はリスケジュールやチームの再編成などの事態を引き起こしてしまうため、事前の予防策が必要です。それでも突発的に起こる可能性があるので、探偵調査を活用して迅速な所在調査を行なうことが重要となります。

【具体的な従業員の失踪事例】

  • 責任者の消息不明
  • 出張中に行方不明になった
  • 信頼していた従業員の失踪
  • 経理担当が資金を持ったまま雲隠れ

事例2- 契約違反

契約の履行や条件の遵守は、不動産業界の信頼性や取引の健全性に関わる重要な要素です。これらの契約に対して不履行や一方的な破棄があった場合は、企業の損益や業務に大きな影響を与えます。探偵の介入はこれらの問題に対して問題の解決や証拠の収集に貢献します。

【具体的な契約違反事例】

  • 使用目的の変更
  • 騒音や迷惑行為
  • 契約期間中の物件放棄
  • 支払い義務の一方的な破棄
  • 建物やテナントの違法な改装

事例3- 契約者間・隣人間のトラブル

契約者間・隣人間のトラブルは、契約者との円満な解決を図るために対応策を講じる必要があります。具体的な対応策としては、法的な手段や交渉、調停、債権回収などが考えられます。探偵はこれらの早期解決に向け、調査やサポートを行ないます。

【具体的な契約者間・隣人間のトラブル事例】

  • 不法侵入
  • 建物の損害
  • 騒音トラブル
  • 敷地境界問題
  • 建物使用の制限
  • 日照権や景観の妨げ

事例4- 債権回収や財産の捜索

不動産取引や契約において支払いの滞納や債権回収が問題となることがあります。探偵は財産の捜索や債務者の所在確認などの調査を行い、債権回収の手助けをします。

【具体的な債権回収や財産の捜索事例】

  • 資産の秘匿
  • 不正財産の調査
  • 未納分の債権回収
  • 相続による財産の捜索

事例5- 従業員の不正行為

不動産業界でも不正行為が発生することがあります。例えば、不正な契約や取引、虚偽の情報提供、不正な競争行為などが該当します。探偵は証拠収集や関係者の監視などを通じて、不正行為の発見や解決に貢献します。

【具体的な従業員の不正行為事例】

  • 資金の横領
  • 不正な契約行為
  • 偽造書類の使用
  • 在庫品の窃盗・横流し
  • 業務上の機密情報の漏洩

事例6- 競合他社の情報収集

不動産業界は競争が激しいため、競合他社の動向や情報収集が重要です。探偵は調査や情報収集の専門家であり、競合他社の活動や取引情報の収集を行なうことができます。

【具体的な競合他社の情報収集事例】

  • 中核人物の調査
  • 他社の販売戦力分析
  • マーケットニーズの把握
  • 他社の新規事業の情報収集

事例7- 盗難や窃盗

不動産業界において盗難や窃盗が発生する可能性があります。盗難や窃盗は財産の損失や業務の混乱を引き起こすだけでなく、信頼関係や評判にも大きな影響を与えてしまいます。探偵調査を使用することで、事前の防止や犯人の特定などに貢献します。

【具体的な盗難や窃盗事例】

  • 盗難家具の捜索
  • 建物内の資材窃盗
  • 駐輪場からの自転車盗難
  • オフィス内の貴重品窃盗

不動産業界で探偵調査が有効となる理由

探偵調査は不動産業界での問題解決や安全確保に役立ちます。素早い対応と適切な証拠収集により、不正行為や盗難の防止に寄与します。また、契約違反やトラブルの解明においても探偵調査は有効な手段となります。さらに、競合他社の情報収集を通じて競争力を向上させることが可能です。

不動産業界での問題解決までの解決手順

不動産業界における問題解決は以下のとおりです。ただし、具体的な問題や状況によって手順やアプローチは異なる場合があります。

① 問題の特定と分析:

まず、発生している問題を明確に特定し、その原因や背景を分析します。具体的な事実や証拠を収集し、問題の本質を把握します。

② 相談と協議:

関係者や関係機関との相談や協議を行います。問題の解決に向けて関係者の意見や要望を聞き、共通の解決策を模索します。

③ 探偵調査の検討:

問題の解決に探偵調査が有効な場合は、探偵事務所との連携や調査の検討を行います。探偵調査は証拠収集や情報収集などに役立ちます。

④ 解決策の立案

得られた情報や調査結果を基に、具体的な解決策を立案します。法的手続きや契約の再交渉、トラブルの仲裁など、適切な手段を検討します。

⑤ 実行と対応:

立案された解決策を実行し、問題解決に向けて行動します。必要な手続きや措置を講じ、関係者との円滑なコミュニケーションを図りながら問題に対応します。

⑥ 監視と評価:

問題解決の進捗状況や効果を定期的に監視し、評価します。必要に応じて調整や改善を行い、問題の再発防止に取り組みます。

探偵調査を利用するメリットとデメリット

不動産業界を探偵調査を利用するメリットはさまざまありますが、反面にデメリットも存在します。探偵に調査を依頼する際は、得られる恩恵と共に、難点についても十分に理解しておく必要があります。

【探偵を利用するメリット】

  • 高い調査技術
  • 不正行為の予防
  • 得られた情報の正確性
  • 密かな情報・証拠の収集

【探偵を利用するデメリット】

  • 調査費用の発生
  • 法律や規制により調査に制限を受ける
  • 依頼内容によっての調査期間が長引く

ご相談とご依頼までの流れ

お問い合わせ

ご相談は、プライバシー 秘密事項厳守で承ります。